« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

BOATBoy追い込み

BOATBoyは毎月11日発売で、校了と呼ばれる最終締切はたいがい月末。校了というのは、ようするに最終校正ですから(校正が完了、という意味ですね)、原稿の執筆や写真選定などを含めたページ作成はその数日前に終わらせていなければなりません。つまり、だいたいこの時期が毎月、追い込みの時期になっているわけですね。

で、この時期というのは、そうです、SGなどのビッグレースもこの時期ですよね。というわけで、SGのある月は出張先でも必死こいて仕事しなければなりません。また、SGレポートはSG終了後の突貫作業ですから、このあとさらにもうひと山あるわけで。それに比べれば今月は、編集部にいられるだけでもまだ気が楽だったりします。あぁ、来月も月末は大レースがないぞ。

というわけで、今日は追い込み作業が一段落。理想としては、この土日は完全休養にあてられるくらいの進行、だったのですが、思い通りにいかないのが普通であります。そして、一段落といっても、まだ積み残しがあったりするのであります。そして、明日からはいよいよ校了が始まります。最後の大ヤマ、身動きがとれない数日であります。ちなみに、11月号の巻頭は、MB記念制覇がまだ鮮烈に記憶に残る今垣光太郎の登場! 15日の「日本海あたりの」出張はもちろん三国競艇場。MB記念優勝報告会というイベントに登場する光ちゃんをつかまえてのインタビューでありました。

今日、原稿について光ちゃんと電話で話す機会がありました。いろいろと話せたのですが、「的確な表現」に対する感覚が鋭いのに改めてビックリ。文章を書いてもそれなりのものが書けるだろうなあ、と感じた次第であります。そうした感性や聡明さ、敏感さもまた、強さのヒミツではないかと。そんな光ちゃんのインタビューは必見ですよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

競艇居酒屋

BOATBoy11月号も校了(最終締切)まで1週間を切り、いよいよ3周目のスリットを超えて最後の1マークに差し掛かろうという時期であります。というわけで、朝から仕事仕事仕事……午後からは副編集長の内池久貴もやってきて、自分のことなのにナンですが、驚異的な集中力で、山積している仕事をこなしていったのでありました。まあ、この時期には当然の様相であり、むしろ今月はこの時期のSG出張がない分、だいぶ余裕もあるんですけどね。

で、さすがに脳みそが酸欠状態になったので、仕事が終わった後、軽く一杯飲んでクールダウンしようということで、大森駅東口の目の前にある庄屋へ。なんとここは、「競艇居酒屋」なのであります。入口に設置されたモニター、店内の何台かのテレビでは、JLCが流れているんですよ! 庄屋ですよ、全国にあるあの庄屋。「喜んで!」の庄屋だというのに、競艇居酒屋になっているんです! 数カ月ほど前からの試みだそうですが、私も気付いたのはつい最近で、意を決して入ってみれば、それはそれは夢のような「競艇居酒屋」なのでありまして。もともとは普通の庄屋だったのですが、競艇居酒屋化を知った競艇ファンもいるようで、今日も一人モニターに見入りながら盃を傾けているお客さんがいらっしゃいました。もちろん、我々もチラチラとモニターに映し出されるレースダイジェストを見ながらの一杯となったわけで。競艇ファンの皆様、昼間から営業しているそうですので、平和島帰りなどにはぜひ立ち寄ってみてください(メニューも、他の庄屋とは違うそうです)。

明日も明日とて仕事に追われる身ゆえ、30分ほどで帰還。ほとんど酔っ払っていないので、これから仕事を再開しようか、それともさっさと寝ちまって明日に備えるか、思案しているところであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BOATBoyトークイベント!

せっかく、みうみうさんにおほめの言葉をいただいたのに、ちょいと間隔が開いてしまいました。BOATBoyの追い込みに入って、さすがに忙しくなってまいりました。

さて、すでにBOATBoy10月号や今日のJLCニュースなどでも告知されましたが、新宿・歌舞伎町のロフトプラスワンで、BOATBoy主催のトークイベントを開催することになりました。詳しくはSports@NIFTY競艇特集http://kyotei.cocolog-nifty.com/kyotei/、またはロフトプラスワンのHPhttp://www.loft-prj.co.jp/PLUSONE/をご覧いただきたいのですが、ゲストに湯川浩司、山崎哲司の両選手が登場します! また、平和島競艇実況アナの松永良一さんも。競艇場やボートピアでのトークライブとは一味違ったトークイベントになりますので、皆様よろしければぜひ、お越しくださいませ。

というわけで、本日は宣伝でありました。明日も明後日も、BOATBoy11月号の追い込みであります。がんばりまーす。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

なぜなんでしょ?

日々ネット投票にいそしんでいる私、もちろん今日も(チョロリとだけど)舟券買いました。で、ネット投票楽しんでる方はご存じでしょうが、テレボートのHPでは自分の収支がチェックできるんですね。全体的な収支だけでなく、競艇場別収支やレース別(SGとかGⅠとか一般戦とか)収支とか、さまざまな切り口の収支もワンクリックで判明する。お気に入り選手を登録すれば、選手別の収支までわかってしまうのです。これを見るのがなかなか楽しいわけでして。

僕の場合、レース別でもっとも成績がいいのは「GⅠ」。余裕で回収率100%突破です、えへん。競艇場別では、「常滑」がもっとも収支がよくて、回収率は150%に届こうかという勢いです、どーだ。常滑との相性は本当によくて、だから調子が悪い日は常滑のレースを買って流れを変える、なんて戦略も採れたりするのであります。

さて、昨日から常滑でGⅠマーメイドグランプリが開催されています。そうなのですよ、相性のいいレース×相性のいい競艇場、なんですよ、これが! しかも、お気に入りに登録していて、やっぱり相性がいい笠原亮と山崎哲司も参戦している。ハッキリ言って、大儲けが約束されている一戦なわけですよ、これが!

だというのに……2日目を終えて1コも当たらんのはなぜなんでしょう? 笠原は2勝、テツは1勝2着2回のオール2連対なのに、ことごとくヌケるのはなぜ? まったくもって、舟券は難しいのであります……。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

おめでとう!

今日は、群馬県太田市のヤマト発動機へと出張。BOATBoyスタッフ・黒沢直美とともに、東武線に揺られて行ってまいりました。午後イチから夕方まで、たっぷりと“講義”をしていただき、すべてを理解したとはとうてい言えませんが、競艇の深遠なる部分に唸り続けた次第。競艇ってヤツは、われわれが普段考えるよりもずっと、ホンマに奥深い世界なのであります。競艇選手たちの“感覚”が、日本の流体力学の権威たる学者の“理論”をはるかに凌駕するというお話は、ただただ慄然とするのみでした。同時に、ヤマト発動機で働く技術者の方たちの矜持もまた、空恐ろしいくらいに爽快でありましたね。

帰りの電車のなかで「競艇TV!レジャチャン」をチェックすると、本日の福岡GⅠ・福岡チャンピオンカップ優勝戦を、飯山泰が勝利! これが初のGⅠ制覇となります。おめでとう! 何より、飯山選手は私と同じ信州人。同郷の士の記念制覇はひたすらに嬉しく、おそらくこれが長野県出身選手初のGⅠ制覇となるはずですので、結果を確認して、思わず目頭が熱くなるのでした。我らが信州の星、飯山泰よ、おめでとう! もちろん次は信州人初のSG制覇を目指してほしい。今年の残り3つのSGは出場当確のはずです。丸亀で飯山選手に会うのが待ち遠しいのでありました。いやあ、本当にうれしいぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜか名古屋

本日は出張。前記事で(どこに行くかはひとまず伏せておく)とか書いてますが、その前の記事で日本海あたりとか書いてあるじゃん。すっかり忘れて、内緒のつもりで向かった日本海あたり。8年半ぶりに訪れたのですが、のどかで素敵な風情は変わっていませんでした。最近、とみにこういう競艇場が好きになってきています。

取材を終えて、最寄駅へ。窓口で切符を買い、ふと振り向くと、見たことのある顔が。お互い、「おぉぉぉっ!」とか言い合って、再会を祝し合ったのは、中村亮太選手であります。彼はレースを終えて帰郷するところだったのですね。06年の唐津新鋭王座、同年の笹川賞ですっかり仲良くなった彼とは、しかしなかなか会う機会もなく、今回の目的地にも参戦しているとは知っていましたが、顔を合わせることができるか微妙だなあ……などと思っていたところに、まさか駅で会おうとは。次節は蒲郡とのこと、進化したという亮太スペシャルをひっさげて、大活躍してください!

で、駅のホームで別れて、帰途に着くはずだったのですが……巷では、今日は三連休の最終日なんですね! そんなことはすっかり忘れていて、米原の駅の大混雑を見て腰を抜かしてしまいました。新幹線の指定席は軒並みソールドアウト! 自由席も超満員で、早朝に東京を発ってここにいる身としては、とても乗り込む気力など湧いてこないのでありました。というわけで、ほうほうのていで名古屋までたどり着き、安ホテルにチェックインした次第。不測の出費はちょいと痛いのは確かですが、今日は携帯から参戦したネット投票がちょい勝ちなので、ま、ヨシとしましょう。というわけで、ホテルにこもって原稿書きをしているのでありました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

明日は出張

JLCニュース出演から只今帰宅。11時に生放送終了ですが、毎度毎度、慣れないTV出演後は疲れがドッと出るわけでありまして、ビールの一杯も補給しないとクールダウンできないのであります。

しかしながら、明日は出張。朝8時台の新幹線に乗って旅立ちます。ふむ、早く寝ないと睡眠時間がぁぁぁぁぁ……というわけで、酩酊する前に帰宅したわけであります。明日、どこに出張かはひとまず伏せておきますが(GⅠ開催中の福岡ではありません)、心浮く取材になりそうで、今から楽しみであります。出張先で舟券も少し……と考えてはおりますが、果たして。ちなみに、今日のネット投票は、ややプラスでありました。意外と、好調を維持しているのであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏バテ?

一昨日あたりから、どうにも体調がすぐれませんで、仕事も処理しなければならない問題も山積だというのに、まったく効率が上がらない。遅ればせながらの夏バテのような感じで、おかげで舟券の調子も夏バテ気味なのであります(って、それは関係ないか)。

と言いつつ、一昨日も昨日も酒飲んだりしているものですから、今日あたりは昼間がまったく使い物にならなかった。山ほどの洗濯物が異臭を放ち始めていたため、振り絞ってコインランドリーに駆け込んだりはしたのですが、夕方あたりに完全にスタミナ切れで、しかし今日はJLCニュースの出演があったりしたものですから、さらに振り絞ってJLCのスタジオへ……。そりゃあ、舟券も当たらんわなあ(って、それは関係ないだろ)。

ようするに今日の舟券は惨敗なのでありまして、最大の大ケガは福岡GⅠ・福岡チャンピオンカップでありました。インが強くないので、レースは非常に面白く、舟券購買意欲も高まるのですが、それと的中率はまったく比例しないわけで。ようするに夕方のダウンはそういうことだというのが現実なんでしょうなあ。

というわけで、明日はリベンジ戦。夜はまたもやJLCニュースですので、よろしければぜひご覧ください。そして明後日は、取材出張! 行先は日本海のあたりであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だから勝てないのである

本日発売のBOATBoy10月号の「旬人」に登場してくれているのは、中島孝平。昨年来の好調ぶりには、本当に敬意を表していたわけであります。

先日の若松MB記念、改めて取材に応えてくれたお礼をした際、満面の笑顔で「いや、こちらこそ、ありがとうございまいた」とニッコリ返してくれた中島選手でありました。その純なる笑みに、心から応援したい! そう思わされた中島選手なのであります。

しかし、しかし、しかし! 俺はアホか、と、そう思わざるをえない本日なのであります。きっとプレッシャーがかかっているだろうなあ、2~6号艇がめちゃくちゃ強いメンバーだなあ、簡単にはいかんだろうなあ、と、山崎智也からガッツリ、ネット投票した私は、まったくもって舟券ベタであります。いや、智也から勝負したのだから、悔いはない。彼の地元GⅠ優勝に賭けたことに対して後悔などまったくしていないのではありますが……まったく、、、、ねえ……。

ともかく、中島選手、おめでとう! すごすぎる! 感動しました。絶対的に、あなたをたたえたいと思います。しかし……。とりあえず、酒飲みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日は見逃せませんぞ!

JLCニュースに出演させていただきました。毎度毎度、終わるとグッタリの生放送であります。今週は、土日にも出演させていただきますので、よろしければぜひご覧ください。あ、明日はBOATBoyの発売日! 今月も力作ですので、よろしくお願いいたします。

JLCニュースに出させていただくと、当日はもちろん、翌日の状況もより詳しく知ることができ、これが大変ありがたいものでありまして。で、明日は優勝戦ラッシュなんですね。混戦模様の一戦があれば、完全優勝を目指す一戦もあり(桐生GⅠ・赤城雷神杯の中島孝平であります! 中島孝平は明日発売のBOATBoyにも登場してます!)、見逃せない優勝戦だらけでありますよ! リアルタイムで見られない方も、ぜひJLCニュースやネット映像などでご覧いただきたいものであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高山秀則選手、引退……

本日付けで、“名人”高山秀則選手が引退されることとなりました。第5回賞金王決定戦、第6回グラチャンとSG2V、第1回競艇名人戦をパーフェクトVなど、まさしく大選手であった高山選手が艇界を去られるとは……さびしい限りであります。59歳ということですが……それでもまだまだ早いっすよね。

高山選手といえば、昨年秋の福岡BOATBoyカップの優勝選手でした。表彰式に参加させていただいた私、優勝選手インタビューもやらせていただいたのですが、嬉しそうに目を細めていたのを思い出します。高山選手の笑顔って、目がクニャ~~と曲って、本当に人の良さを感じさせる素敵なものなんですよね。で、緊張のあまり、最後のほうで質問が出てこなくなった僕は、「今、宮崎が全国的にブームですが、どうですか」という、まったくレースにも競艇にも関係ない質問をしてしまい、高山選手を苦笑いさせたりしたものでした。「競艇にも宮崎ブームを巻き起こしてください」と咄嗟にフォローすると、「頑張ります!」と力強く返してくれましたけどね。高山選手は、数少ない「現住所=宮崎」の選手でありました。

そのBOATBoyカップが、高山選手の最後の優勝となりました。ご縁を感じるわけですが、それだけにやはりさびしいですね……。高山選手の第二の人生に幸あれ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

MB記念、そして井口佳典祝勝会

やや更新が滞りすみませんでした。MB記念中はさすがに更新する余力がなく、しかも帰京後はすぐにBOATBoy校了があって、ドタバタなのでありました。MB記念はナイターSGだったわけですが、やはり年のせいもあるのか、リズムが狂うと疲れも甚大ですね。本当は単純に時間がズレているだけで、睡眠時間もとれていたのですが、消耗度がぜんぜん違う。昨日は校了が終わって帰宅したのが8時頃、メシなど食って10時くらいには床についたのですが、今日は予定していた時間に起きることができず、津に行くことになっていたため、新幹線に飛び乗らなきゃならないハメになりました。

さて、MB記念は今垣光太郎の優勝。いやはや、感動的な優勝でありました。何より、レースが名勝負! 松井繁の猛追も素晴らしかったし、それを凌いだ光ちゃんも素晴らしかった。ピットで見ていたのですが、ほんと、鳥肌が立つ戦いでしたね。そして、勝ったのが日頃からよくしてもらっている今垣光太郎だったのですから、取材者の立場を一瞬忘れそうになりました。Sports@Nifty「競艇特集」のほうに、公私混同的に写真を載せさせていただきましたが、会見に現れた光ちゃんが僕の顔を見て手を差し出してくれたのは、本当に感激した。そのときだけは、完全に我を忘れて、ただの光ちゃん応援団になってしまいました。本当におめでとう!

で、本日は井口佳典の「笹川賞優勝祝勝会」が津のホテルで行なわれ、それに出席させていただきました。SGを勝つクラスの選手はあっせんも詰まっているため、祝勝会は数カ月遅れで開催されることが多いんですね。というわけで、寝坊しながらも新幹線に飛び乗り、津に馳せ参じたわけであります。

といっても、こうした華やかな場にどうも馴染めないというか、居場所がないというか、いつまで経っても慣れない私でありまして、ちょいと緊張気味で会場へ。まあ、おかげさまで面識のある関係者の方々も増えまして、そういう意味では手持無沙汰にはならなかったのですが……。それでも、こんな仕事をしていながら、いまだに選手と顔を合わせるのは緊張するのでありまして、集結していた三重支部&85期・銀河系軍団&東海地区のトップレーサーたちを見ているとすっかり“選手酔い”してしまいました。そんななかで、日頃から仲良くしてもらっている山崎哲司の存在が心強く、彼と話しているうちに緊張も解けていったのですが。あと、湯川浩司には奥様とお子さんもご紹介していただき、嬉しい限り(奥さんはチョーキレイで、お子さんはチョーかわいかったっす)。また、井口選手のお母様にご挨拶いただき、大変恐縮でありました。

ともかく、非常にいい祝勝会でありました。何しろ、三重支部としては数十年ぶりのSG祝勝会だそうで、津の関係者の方々も嬉しそうでしたねえ。そして、井口佳典はカッコ良かった!(奥さまの井口真弓選手は和服姿で、これまたチョーキレイ!)ともかく、井口選手、本日はおめでとうございます!

| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »