« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

見えてきた

ちょいと更新間隔が開きました。さすがにこの時期はBOATBoyの入稿が土壇場であり、一昨日だったか、久しぶりに朝6時まで仕事なんて日もあったりして(すぐに寝て昼ごろ起きたので、徹夜というわけではありませんが)、余裕のない日々でありました。本日、ようやく先へのメドが見えてきて、少し飲酒などもしつつ、こうして更新画面にたどりついたわけであります。

さてさて、見えてきたといえば、賞金王戦線も、まだまだボンヤリとではありますが、その俯瞰図が見えてまいりましたね。BOATBoyでは賞金ランク上位7名までは当確と見ており、残る5コのイスを奪い合う戦い、ということになるわけですが、8~12位がなかなか接戦になっており、うち魚谷智之と白井英治がチャレンジカップに出場できないこともあって、記念戦線から予断を許さないところ。13~20位くらいの選手たちは、チャレンジカップ前の記念次第ではかなりいい位置にまで上がってくるので、11月の記念4節は目が離せないところであります。

一方、チャレンジカップで優勝すれば一発逆転……というあたりの選手は、とにもかくにもチャレンジカップに出場できなければ、その時点で終戦というわけでして。本日行なわれた児島GⅠ競艇キングカップ(と福岡の優勝戦)で、おおよそチャレンジカップの出場選手が固まり、ベスト12入りのチャンスを有している選手がほぼ限定されたことになります。田村隆信がチャレカ出場に赤信号ってのが、ちょいと意外でありますが……。

児島GⅠを優勝したのは、吉村正明。チャレカ出場圏外から、一気にジャンプアップして出場権をもぎ取った格好になります。素晴らしい! そして、これが吉村の出世レースになるのではないかと見ています。昨年あたりから、派手さこそないものの、その実力は注目されてましたからね。これを機に、大ブレイクの予感もしてくるわけであります。今年はともかく、来年は記念戦線を荒らしまわりそうな気配ですね。

てなわけで、本日は久々に早いとこ寝まーす。

| | コメント (1) | トラックバック (5)

エキサイティングな季節です!

今日は昨日に引き続きJLCニュースに出演させていただきましたが、いやはや、本当にエキサイティングな季節に突入しましたね! 賞金王決定戦の選考締切まで残り40日。最後の最後に競艇王チャレンジカップという“一発逆転”なSGがあるわけですが、たとえば明日の三国GⅠ北陸艇王決戦の優勝戦2号艇・魚谷智之はチャレカはF休みとなるわけで、その優勝戦はまさしく勝負駆けの一戦。これから約6週間、そんなレースが目白押しとなるわけですから、まったくもって目が離せない、秋の競艇シーンであります。

というわけで、JLCニュースでおこがましくも披露させていただいた三国優勝戦の本命は魚谷。アシも万全であり、気合も相当でしょうから、期待は大きいのであります。それにしても……私ごときがJLCニュースという場で展望・解説的なことをさせていただくのは、やっぱり背中がむず痒くもなるわけでありまして。いや、イベントなどで予想させていただくのも同様なんですけどね。ご覧いただいている皆様に納得いただけるよう、ますます競艇を学んでいかねばならないと、襟を正している秋の夜、なのであります。もっともっと頑張らにゃ……。あ、もちろん◎魚谷は、僕なりに検討し、僕なりに自信はあって、披露させていただいたものでありますよ。そして、舟券もしっかり買います、はい。当たりますように……。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

明日はBOATBoyカップ優勝戦

福岡競艇場で開催中のBOATBoyカップは、明日優勝戦。というわけで、明日は福岡へまいります~。9、10、11R発売中には予想イベントに出演させていただくことになっておりまして。福岡では3年連続のBOATBoyカップ、そのたびに表彰式やイベントなど呼んでいただいております。明日は予想ということで……ふむ、実に心配でありますね。

福岡……昨年の賞金王以来でしょうか。あれからもう10カ月、ですか。早いなあ。吉川元浩の優勝は、ついこの間のような気がします。ともあれ、福岡の皆さん、よろしければデヴハゲとBOATBoyカップの優勝戦を見にいらしてくださいねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふぃ……

ダービー出張→JLCニュース→BOATBoyイベントと、全速で駆けずり回った疲れがさすがに出てしまい、20%台のモーターのような動きしかできなかった昨日今日。BOATBoy12月号はとっくにピットアウトしているので、寝込んでいるわけにもいかないのですが、しかしなかなかモーターが噴いてくれないのは、トシ、ってことですかねえ……。

というわけで、今日はのたのたと仕事をしながら、三国GⅠ北陸艇王決戦をちらちらと見ておりました。魚谷智之がいったん5番手に下がりながら、2番手まで追い上げたレースには興奮しましたねえ。チャレンジカップ不出場ということで、ベスト12入りのためにはGⅠすべてが勝負駆けの魚谷。その闘志を見せてもらったように思えました。やっぱりこの時期の記念レースは見逃せませんね! ドリームでの田中信一郎の強烈ツケマイにも、ウオォォォッ!と声が出ました。舟券? どちらも外れてますがな……。

今日はもう少しまったりと仕事しながら、クライマックスシリーズをちょろちょろと見ようかと。ワタクシ、30年来のファイターズファンなのであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

改めてイベント

改めて、昨日イベントにご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました。

ロフトプラスワンという場所での競艇イベント、正直、不安だらけで当日を迎えたのですが、本当にたくさんのお客様にご参加いただき、スタッフ一同、嬉しい限りでした。最初にステージに上がってフルハウスになっている会場を見渡した時は、本当に感無量。喜びとともに、こうしたイベントに集まってくださる競艇ファンがたくさんいたことに、心強い思いになりました。このアツさがあれば、きっと競艇は大丈夫、と。

こうした、艇界ではあまり例のないイベントに登場してくれた、湯川浩司選手、山崎哲司選手、松永良一さんにも、心より感謝している次第です。選手の戸惑いもひとつの不安材料ではあったのですが、最終的にともに盛り上がってもらえることができたようで、何よりでありました。ここでしか聞けない的な話も飛び出したりして、それはそれでヒヤヒヤものではありましたが(笑)、僕としては競艇でこうしたトークができたことがまた、嬉しいわけでして。えっと、ご来場いただきました皆様には、あの場のみのお楽しみということで、あまりつまびらかになさらないよう、お願いする次第でもあります(笑)。
MCにもかかわらず泥酔した畠山酋長は、ま、ご愛敬ということでお願いします(笑)。

というわけで、ぜひまた次の機会を、と考えております。スタッフも初めての試みだったゆえ、至らない部分もあったかとは思いますが、そのあたりもまた練り直して、開催できればと願っております。

イベント後は、出演者の皆さん、スタッフで軽く打ち上げして、3時過ぎに帰ってまいりました。なかなかアツい競艇話になりまして、思いもかけず勉強になったりもして。さすがに今日は使い物にならない感じですが、あぁ、それでも仕事しなきゃ……。

本当にありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BOATBoyイベント

お出でいただきました皆様、本当にありがとうございました。

おかげさまで大盛況で、スタッフ一同、感謝しております。もちろん、湯川浩司選手、山崎哲司選手、松永良一さん、飛び入りでご参加くださったTさん、ありがとうございました。ひとまず……今日は心地よく眠れそうです。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

というわけで

羽田から飛行機に乗って、やってまいりました、さぬき! バトンタッチする内池久貴と高松で落ち合って、これまでのダービー談義に花を咲かせながら、一献。瀬戸内の海の幸に舌鼓を打ちながら、内池からタスキを受け継ぎました。

明日からダービー取材、全力を尽くします! もちろん、舟券も全力を尽くさなきゃ……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いざ丸亀へ!

本日は、事務関係も含め、もろもろの雑用。午前中からつい先ほどまでかかって、なんとか終えました。BOATBoy12月号の仕込みも8~9割方できまして、さあ、出張の準備しなきゃ!

というわけで、これから全日本選手権が行なわれている丸亀へと向かいます。今日もネット投票で参加していたのですが、うぐぅ、ちょいと現地滞在費に食い込んでしまったぞ……。舟券も、もちろん取材も、がんばるぞー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダービーが開幕しました!

久々に、SG初日を現地でない場所で迎えました。本日から、丸亀競艇場で全日本選手権開催! わりと早起きして、JLCの中継にチャンネルを合わせていたわけですが、こうしてSG中継をテレビでじっくり見るのも久しぶりだなあ……と思えば、これはこれで新鮮なのでありました。で、勢い込んで舟券を買い始めたわけですが、地元・木村光宏が勝った3Rの2マンシューをゲット~~~~! だはははははと締まりのない顔で、BOATBoyの編集会議に向かったのでありました。

そう、本日は来月号の編集会議。東京に残っているスタッフ、JLCの本誌関係者が集って、月に1度の会議でありました。もろもろ確認事項などを示し合わせつつ、いよいよ新たな一冊が本格スタートするわけで。まさしく大時計がゼロを指す瞬間がこの日でありますから、やはり大事な一日なのであります。

会議が終了したのが、ちょうどダービーのドリーム戦締切直前。というわけで、JLCのある笹川記念会館1Fロビーのモニターで観戦しつつ、しこしこと電話投票。1マークを今村豊が力強くマクったところで、スタッフ全員の討死が確定し、すごすごとモニターの前から立ち去ったわれわれでありました。

というわけで、私は明日の夜に丸亀入りし、あさってから取材に参戦いたします。Sports@Niftyで記事更新してまいりますので、よろしくお願いします。また、来月号のBOATBoyではもちろん、渾身のレポート記事を掲載いたしますので、お楽しみに。現地入りすると、なかなかこちらを更新する余力をキープできないのですが、できるだけがんばって、こちらも更新していきたいと思っております!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダービー前のひと儲けは……

なりませんでした、はい。今日はダービーの前検日、さびしくお留守番ということで、Sports@Nifty競艇特集の記事なども見ながら、ネット投票をシコシコと(もちろん仕事しながらっす)。ダービー前にひと儲け、とたくらんで、道中は一進一退を続けながら、夜の若松が誤算でありました……。ボチボチと資金を減らしているうちに、だんだんアツくなってきて、あぁ……。明日からダービーなのに……と涙がちょちょ切れました。ふぅ……。

で、さっきメールチェックしたら、BOATBoyスタッフの黒沢直美から「若松10R獲りました~」とかいう自慢が。若松10Rって、アンタ、7マンシュウですがな! しかも私が三角哲男から大勝負して、三角がぶっ飛んだレースやんけ……。明日、BOATBoyの編集会議があるので、思いっ切りたかってやろうと思います。ちぇっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

居残りの夜

Sports@Nifty競艇特集を始めて3年半、BOATBoy制作に携わって2年半、SGの前検を取材しないのは初めてであります。10月8日開幕の全日本選手権。明日はその前検日なのでありますが、私は東京で居残りであります。この時期は、BOATBoyの仕込みをしなければならず、またもろもろの雑用も待ち構えているため、居残りせざるをえなかったわけで。Niftyのほうは(また、BOATBoy来月号のダービー前半戦取材は)畠山直毅と内池久貴に託して、私は東京にとどまっているのでありました。

というわけで、本日はネット投票しながら、つらつらと来月号の仕込み。明日もまた同様の一日を送るわけでありまして、なんとなく寂しい秋の日をすごした次第であります。で、日付が変わる直前に、なんとなく行きつけのバーに顔を出し、軽く酩酊した次第。バーのカウンターで本日のネット投票の一進一退ぶりに思いを馳せながら、明日の展開予想を脳内で繰り広げているあたり、まったくもって競艇バカだと自分を誇りたくもなるわけで。ギネスをあおりつつ、「明日の津の優勝戦は川上剛で大勝負!」と胸躍らせている私は、やっぱりアホでしょうか? 下関のオール女子は、アシ色に不安のある山川美由紀より、日高逸子のほうが優勢だと思いますよ、はい。……ともかく、あさってには丸亀競艇場でダービーが開幕! まさしく競艇の秋、であります。私も仕込み等終えたら、丸亀に馳せ参じます!……、ま、その前に明日も、仕事しながらネット投票に興じるであろう、私であります。 

| | コメント (3) | トラックバック (1)

おつかれさまでーす!

本日、BOATBoy11月号が校了。副編集長の内池、地べたワールドでおなじみの担当Gと最後の印刷所詣でを終えて、新宿で軽く打ち上げして帰ってまいりました。清原和博の引退試合とか、K-1マックスとか、見たいものがいろいろあったのですが、しかし校了後のビールの魅力には勝てないわけでして。とはいえ、明日はさっそく12月号の会議があるため、深酒せずに帰宅した次第でありました。今月もあっという間だったな……。

それにしても、相変わらず新宿は人の波。今日は手早く帰る予定だったので、歌舞伎町の手前で飲んでいたのですが、それでも人の波は途切れることなく。15日には、歌舞伎町のど真ん中でイベントをやることになっており、うむ、この人たちがみな、競艇ファンならいいのになあ……などと考えつつ、酩酊したのでありました。で、注文を取りにきた店員さんが、内池が惚れている女子レーサー・宇野弥生にそっくりでありまして、思わずピッチも早くなるという、アホアホな宴に。校了が終わったばかりだというのに、結局は競艇のことしか頭にない我々を、誇るべきでしょうか、それともあきれるべきでしょうか……。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »